通所介護のサービス提供体制強化加算とは【2021年度介護報酬改定対応】/資料ダウンロード付き
ホーム加算情報通所介護通所介護のサービス…

サービス提供体制強化加算は、利用者の状態に応じたサービス提供や事業所の体制に対する加算のひとつです。訪問入浴介護、訪問看護、通所介護などで算定することが可能ですが、本記事では通所介護のサービス提供体制強化加算について解説します(地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護も要件は同様です)。

目次
    通所介護(デイサービス)のサービス提供体制強化加算とは
      通所介護(デイサービス)のサービス提供体制強化加算の算定要件
      通所介護(デイサービス)のサービス提供体制強化加算の単位数
        最後に

          通所介護(デイサービス)のサービス提供体制強化加算とは

          サービス提供体制強化加算は、人材の質を確保して質の高いサービスを提供する事業所を段階的に評価する加算として設けられています。通所介護のサービス提供体制強化加算は、2021年度介護報酬改定で(I)(II)(III)の区分に再編されました。

          各要件についてもサービスの質の向上や職員のキャリアアップを一層推進する観点から、見直されています。

          通所介護(デイサービス)のサービス提供体制強化加算の算定要件

          通所介護のサービス提供体制強化加算(I)(II)(III)の算定要件は以下のようになります。なお、いずれの区分でも定員超過利用・人員欠如減算に該当していないことが必要です。

          通所介護のサービス提供体制強化加算(I)の算定要件

          通所介護のサービス提供体制強化加算(I)は、下記の要件のうちいずれかを満たす必要があります。

          (1)介護職員の総数のうち、介護福祉士が占める割合が70%以上であること

          (2)介護職員の総数のうち、勤続10年以上の介護福祉士25%以上であること

          通所介護のサービス提供体制強化加算(II)の算定要件

          通所介護のサービス提供体制強化加算(II)では、下記の要件を満たす必要があります。

          介護職員の総数のうち、介護福祉士が占める割合が50%以上であること

          通所介護のサービス提供体制強化加算(III)の算定要件

          通所介護のサービス提供体制強化加算(III)では、下記の要件のうちいずれかを満たす必要があります。

          (1)介護職員の総数のうち、介護福祉士が占める割合が40%以上であること

          (2)介護職員の総数のうち、勤続年数7年以上の者が占める割合が30%以上であること

          算定要件における各項目の詳細や留意点については、算定要件と合わせてダウンロード資料(無料)にまとめておりますので、本記事と合わせてぜひご確認ください。

          通所介護(デイサービス)のサービス提供体制強化加算の単位数

          通所介護におけるサービス提供体制強化加算の単位数は以下のようになっています。

          加算名 単位数
          サービス提供体制強化加算(I) 22単位/回
          サービス提供体制強化加算(II) 18単位/回
          サービス提供体制強化加算(III) 6単位/回

          最後に

          最後までお読みいただきありがとうございます。「介護経営.com」では上記で解説した内容に加え、算定要件の詳細や、サービス提供体制強化加算の介護報酬改定に関するQ&Aなどをまとめた資料【通所介護事業所向けサービス提供体制強化加算算定のガイドブック】を無料でご提供しています。下記から簡単な手順でpdfファイルをダウンロードいただけますので、ぜひ皆さまの業務にお役立てください。

          会員詳細情報を入力すると下記の資料がダウンロードできます
          会員詳細情報を入力すると下記の資料が
          ダウンロードできます
          この資料は会員限定コンテンツです。
          ダウンロードするには、ログインまたは会員登録から会員詳細情報の入力をお願いします。
          ※ログイン後、未入力の場合は「会員詳細情報の入力」ボタンが表示されますのでご入力ください。